「京都の四季、あなたとの思い出」

                                 HOMEに戻る
「京都の四季、あなたとの思い出」 作詞・作曲・編曲・演奏・歌: HIROTAKA

「京都の四季、あなたとの思い出」は、京都生まれ、京都育ち、京都在住で、I Love Kyotoの根っから京都人のHIROTAKAが京都を舞台にした恋演歌です。

京都の四季って、情緒があると思いませんか。 そして恋愛を包み込むような歴史的包容力があると思いませんか。 パワースポットもたくさんあり、恋、仕事、人間関係に疲れた人達を癒すようなパワーも持っているようです。 

この歌は、恋人同士だった二人がよく京都に来て、京都の四季を一緒に楽しんだ時の事を、今は自分一人で京都に来て、思い返している女性の気持ちを歌った歌です。 京都は、歴史的伝統があるがゆえに、やはり演歌が似合うと思い、演歌風のアレンジにしました。 石川さゆりさん、坂本冬美さんみたいな方に、この唄、一度歌って頂けたら最高なのですが・・・

大原三千院、清水寺、貴船神社、鞍馬、嵐山、金閣・銀閣寺、南禅寺、龍安寺、稲荷神社、坂本龍馬で有名な伏見の寺田屋など、本当に色々とありますね。 京都には。 まさに、「そうだ、行こう! 京都」です。

******** 「京都の四季、あなたとの思い出」歌詞 *********
人の群れの中、あなたに手を引かれて、歩く古い都
炎でうきたつ「大」の文字、すぐに消えた
話好きで、歴史おたくの
いつも笑顔がこぼれてたあなた
夏の夜につつまれ、鴨川のほとり
祇園に響く足音
今でも、私の、思い出癒す

川の流れに、赤く燃ゆる山々、見てた、ずっと、ずっと
あなたの横顔、どこか他を見てるような
話好きで、歴史おたくの
いつも笑顔がこぼれてたあなた
つきぬける空の青と、渡月橋の吐息
桂川に口づけ
今でも、私の、思い出癒す

古いお寺の庭、一面雪景色、息が凍ってゆく
あなたは私を、強く強く、抱きしめてくれた
話好きで、歴史おたくの
いつも笑顔がこぼれてたあなた
寒さが身にしみる、三千院の茶室
温もりの緑色
今でも、私の、思い出癒す

桜が微笑みかける清水の舞台
一人きりの私を
今でも、つつんで下さい、京都
*****************************************************

有難うございます。 感謝です。

★動画で使用しました写真をご提供頂きました栗原 眞純 様、そして、曲のミキシングをご担当頂きました渡口 誠一 様に感謝致します。 栗原 眞純 様の写真ギャラリーへのリンク

HOMEに戻る

Copyright © 2014 HIROTAKA  All rights reserved

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です